ハウスメーカーに関する情報サイト

ハウスメーカーのq値とは

ハウスメーカーのq値とは 一般的にマイホームの購入は一生に一度の大きな買い物なので、誰でも慎重になるものです。
ハウスメーカーの注文住宅で利用者が重視することの一つに住宅の性能があります。
q値は熱損失係数のことで家からどのくらい熱が失われるかということを示したものです。
この値が小さいほど熱が失われにくいので、断熱性が高いことになります。
この値の求め方は屋根や天井、外壁、床、窓などから失われる熱量を延べ床面積で割って出し単位は「W/㎡K」となります。
家の性能を測る上で大事な指標になる値であると言えます。
特に北海道や雪が多い寒冷地域は、この断熱性が家を購入する際の重要なポイントの一つになってきます。
断熱性が高い家は暖かさをキープする時間が長いし、ヒーターやストーブなどの料金の削減にも繋がります。
ネットにはハウスメーカーのq値ランキングが書かれているサイトもあり、これを参考にして自分が購入したいハウスメーカーの住宅を決めるのも一つの方法です。

ハウスメーカーでは気密のc値の測定をやらない

ハウスメーカーでは気密のc値の測定をやらない ハウスメーカーでは気密測定は行なわいと言われていて、これはは住宅全体でどれくらい隙間があるかのことで専用の機械を使って計測しますが、これは現場でしか測れません。
c値とは、気密性能を数値化したもので住宅の面積に対して、測定した数値で計算します。
家の外周にある隙間の総面積を延床面積で割った値で、単位はc㎡/㎡です。
数値が低いほど性能が高く、基準もあり温暖地だと5.0以下で寒冷地は2.0以下です。
一般的に高気密住宅だと1.0以下が望ましく、本当だと0.5以下です。
測るときは中間と完成時に必ず2回行い、中間だとまだ直しが可能で、測定をして漏れている箇所を直せます。
完成は中間時のレベルが落ちてないかを確認します。
計測は大手ほどやりませんが、これは全国統一の施工精度に出来ないためで大手のハウスメーカーと契約しても、最終的に施工するのは地域の業者や工務店です。
もし、測ってから地域ごとに数値にばらつきがあると困り、信用問題にかかわってきます。