ハウスメーカーに関する情報サイト

当サイトでは家造りに関する様々な情報を紹介します。
具体的にはハウスメーカーで家を建てるメリットや工務店との違い、そしてq値に関することといった誰もが関心のある情報を発信します。
また、間取りの自由度や土地探しについての情報も紹介、初心者でも安心して家造りができるような内容となっています。
これを読めば、家造りについての様々な不安が解消され、理想的な家を作ることも可能となりますので、是非参考にしてみて下さい。

ハウスメーカーで家を建てるメリットまとめ

ハウスメーカーで家を建てるメリットまとめ ハウスメーカーで家を建てるメリットとしてまず挙げられるのが、上質な家を建築することができるという点です。
ハウスメーカーに従事している設計士や職人さんたちは、これまで長年にわたって家造りに携わってきた経験の持ち主ですので、質の高い家を建てることができます。
こうしたことから、理想的な家造りも可能となっています。
また、価格がリーズナブルといった面もメリットと言えます。
家造りというとお金がかかるというイメージがありますが、実際はそれほどでもありません。
多くのハウスメーカーではコストカットに励んでいて、コストカット分は顧客に還元するといった政策が採られていますので、魅力的な価格で提供することが可能となっています。
このため、大変利用しやすくなっています。

ハウスメーカーで家を建てるデメリットとは

ハウスメーカーで家を建てるデメリットとは ハウスメーカーで家を建てるデメリットには、工務店に依頼した場合と比較して金額が高目なことが挙げられます。
あらかじめ資材をプレカットしているため建築スピードは速いですが、ハウスメーカーは住宅展示場や自社の宣伝費を始め営業に係わる人件費などに多額の資金を投じているため、最終的なコストを比較すると割高感を感じることがあります。
また、設計と施工において建築基準法が定めるレベルよりも厳しいルールを設定していることも多く、自由設計と言いつつも間取りに制約が出てしまうことも多いです。
特に敷地条件の厳しい狭小敷地や変形敷地の場合は、壁の負荷や耐震性的などから建てることが難しいケースも多く、建てられたとしても希望するような快適な室内空間が実現できない可能性があります。
担当者も営業・設計・工務と部署ではっきり分かれているため、社内での連携が上手くおこなわれていないと施主側の要望が伝わらないケースも少なくありません。
更に、ハウスメーカーでは担当者の異動も多いため、住宅の完成後に年月が経過すると当時の担当者が変わってしまうこともり、メンテナンスの際に図面や記録簿のみで判断されてしまうケースもあるため注意が必要です。