ハウスメーカーに関する情報サイト

当サイトでは家造りに関する様々な情報を紹介します。
具体的にはハウスメーカーで家を建てるメリットや工務店との違い、そしてq値に関することといった誰もが関心のある情報を発信します。
また、間取りの自由度や土地探しについての情報も紹介、初心者でも安心して家造りができるような内容となっています。
これを読めば、家造りについての様々な不安が解消され、理想的な家を作ることも可能となりますので、是非参考にしてみて下さい。

ハウスメーカーで家を建てるメリットまとめ

ハウスメーカーで家を建てるメリットまとめ ハウスメーカーで家を建てるメリットとしてまず挙げられるのが、上質な家を建築することができるという点です。
ハウスメーカーに従事している設計士や職人さんたちは、これまで長年にわたって家造りに携わってきた経験の持ち主ですので、質の高い家を建てることができます。
こうしたことから、理想的な家造りも可能となっています。
また、価格がリーズナブルといった面もメリットと言えます。
家造りというとお金がかかるというイメージがありますが、実際はそれほどでもありません。
多くのハウスメーカーではコストカットに励んでいて、コストカット分は顧客に還元するといった政策が採られていますので、魅力的な価格で提供することが可能となっています。
このため、大変利用しやすくなっています。

ハウスメーカーで家を建てるデメリットとは

ハウスメーカーで家を建てるデメリットとは ハウスメーカーで家を建てるデメリットには、工務店に依頼した場合と比較して金額が高目なことが挙げられます。
あらかじめ資材をプレカットしているため建築スピードは速いですが、ハウスメーカーは住宅展示場や自社の宣伝費を始め営業に係わる人件費などに多額の資金を投じているため、最終的なコストを比較すると割高感を感じることがあります。
また、設計と施工において建築基準法が定めるレベルよりも厳しいルールを設定していることも多く、自由設計と言いつつも間取りに制約が出てしまうことも多いです。
特に敷地条件の厳しい狭小敷地や変形敷地の場合は、壁の負荷や耐震性的などから建てることが難しいケースも多く、建てられたとしても希望するような快適な室内空間が実現できない可能性があります。
担当者も営業・設計・工務と部署ではっきり分かれているため、社内での連携が上手くおこなわれていないと施主側の要望が伝わらないケースも少なくありません。
更に、ハウスメーカーでは担当者の異動も多いため、住宅の完成後に年月が経過すると当時の担当者が変わってしまうこともり、メンテナンスの際に図面や記録簿のみで判断されてしまうケースもあるため注意が必要です。

ハウスメーカーのブランドとはどんなものなのか

ハウスメーカーにはそれぞれブランドがあると知っていましたか。
ブランドとは、それぞれ家のグレード別につけられている名称を分かりやすくしたものです。
実際に利用している人たちの中には、なぜその名称なのかよくわからないという人もいますが、メーカーごとにある程度の決まりがあってつけられています。
高品質な素材や設備を積極的に取り入れている建売住宅用の物と、注文住宅用、また、低価格用の物とに分かれていることが多数です。
中には建売住宅の実を取り扱っており、高価格・低価格のものを分けているだけのところも少なくありません。
それぞれの魅力を理解して、建てることによるメリット・デメリットを把握して納得したうえで導入することが必要といえます。
特に低価格帯の物を取り扱っているハウスメーカーは、品質面で扱っている種類を確認してから導入したほうがいいでしょう。
耐震性など納得したうえで導入しておくことで、納得できる住まいを建築できるからです。

営業エリアを全国に展開するハウスメーカー

テレビメディアのCMで一度は見たことのあるハウスメーカーと聞いて、すぐに何社かイメージできるのではないでしょうか。
一般的なハウスメーカーとは全国を営業の対象エリアとし展開している大手の企業です。
各地に住宅展示場を設置し、随時見学会やイベントなどを行っています。
ハウスメーカーの家づくりの特徴は自社ブランドを持ち、独自の材料や設備、規格を持っているため品質が安定しており、工期も早いといわれています。
住宅展示場では実際の家づくりを体験することが可能で、家の外観や内装の雰囲気、設備の仕様など確認することができます。
施工の技術や実績はもちろん、検査などでも独自の基準を設けているため安全面も確かです。
また施工後のアフターフォーローに関しても、保証期間や保証内容等の基準が設けられているため、安全や安心感を求める方に選ばれています。
ハウスメーカーなら全国どこで建てても、一定の基準を満たした家づくりが可能なのです。

ハウスメーカーのアフターフォローは充実している

ハウスメーカーの魅力は、サポートが充実している点です。
一般的に、専門的な工務店などでは顧客一人に対して割く時間が長くなります。
確かに、そういったサービスを提供すると質の良い注文住宅を手に入れられる可能性は高くなります。
一方で、それぞれの店舗差で大きな違いが生まれるという難点も生まれます。
サービスごとに個体差が大きく変わってしまいますので、平均的にサポートを受けられなくなるデメリットがあります。
反対に、ハウスメーカーにはマニュアルが存在します。
業務をシステム化することによって、一人当たりの平均的な時間が一定になりがちです。
しかし、こういったマニュアルを準備することで、利用する顧客ならば誰であっても一定以上のサービスを受けられるメリットが存在します。
特に充実しているのが、サポート面です。
きちんとした保証を設けることによって、住宅を購入した後のアフターフォローも万全なので初心者でも利用しやすいです。

大手ならではのハウスメーカーの安心感は他にはないもの

注文住宅では、ブランド力の高いハウスメーカーに相談をすれば安心できます。
ハウスメーカーは、大規模に事業を展開していることが多く、全国的に多くの店舗を抱えていることが一般的です。
業務をシステム化することによって、初めて相談をする人が気軽に利用できるように工夫をしています。
実際に、ハウスメーカーの安心感は、サポート面で大きな効果を発揮します。
そもそも、住宅を購入するときには大きなコストが必要になりますので、失敗をすることは許されません。
しかし、住宅購入時にはこのサポートや保証がわかりづらくなっていることも珍しくありません。
納期が遅れてしまったり、受付の相談員と現場の人たちとの連携が取れていないなどは実際に存在する典型的なトラブル例でもあります。
ハウスメーカーの場合は、このような事態になることがほぼありません。
充実した業務のマニュアルが存在するので、高いレベルでサポートと保証が受けられるので安心感が違います。

基盤となるハウスメーカーの工法とサポートを確認しよう

ハウスメーカーには、それぞれ経営の基盤となる工法やサポートが存在します。
特に、工法については独特なものが提供されていることもあって、それぞれのハウスメーカーの独自色を出す意味でも非常に重要な意味を持っています。
元々、ハウスメーカーは大手のブランド力を売りに全国展開を行っている大手の会社であることも多いです。
ただ、同業他社も多い現状なので、他の会社と比較して優れているポイントをアピールしなくてはならない立場にもあります。
そこで、工法が重要になります。その会社で独自に発達したサービスを提供することによって、他にはない住宅づくりを進めていけるようになるため、この部分の比較は非常に重要なポイントです。
そして、サポート面もとても大切です。
ハウスメーカーは、初心者でも利用しやすいようにアフターフォローなどを含めた保証を提供しています。
マニュアルが存在し、一律に品質の高いサポートを提供できるように企業努力をしているのでその比較も大切です。

おすすめのハウスメーカー情報サイト

ハウスメーカー